渡月橋と桜 渡月橋と桜

京都を代表する超人気スポット!
嵐山・天龍寺と京都駅からのアクセス

新緑の季節の天龍寺

 このページでは「嵐山や天龍寺ってどんなところ?」という人に、概要や料金、京都駅からのアクセスを紹介しています。

ゆうゆう

こんにちは、管理人のゆうです。
このページは3分くらいで読めますよ~!

このページの目次

天龍寺の曹源池庭園

#1 天龍寺ってどんなどころ!?

竹林

#2 拝観時間や料金

京都駅の構内

#3 京都駅からのアクセス

ゆうゆう

それぞれサクッと説明してます

1. 天龍寺ってどんなところ!?

天龍寺の方丈から眺める曹源池庭園

 天龍寺は京都駅から北西に約8km、京都市右京区の嵐山にあり、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建立した禅寺です。

嫁

初代住職は、あの有名な夢窓疎石です

ゆうゆう

天龍寺は世界遺産にも登録されています

国指定の名勝『曹源池庭園』

天龍寺の池泉回遊式庭園

 禅の思想を表現している池泉回遊式庭園は、初代住職の夢窓疎石が自らの作園といわれています。

嫁

日本初の国の史跡・特別名勝に選ばれるほどの美しさです

大方丈から見る曹源池庭園

大方丈

 天龍寺の曹源池庭園を見るなら、隣接の大方丈から見るのがおすすめです。
※ 庭園の参拝料に300円追加で、大方丈、書院、多宝殿の諸堂が参拝可能

大方丈から眺める曹源池庭園

 曹源池は王朝文化の優美さと武家文化の荒々しさ、禅文化が融合した、なんとも人を惹きつける庭園です。

嫁

大方丈の縁側から見る景色は、より感動的ですね

ゆうゆう

雨の日でもゆっくり座って見られて、凄くよかったです

雲龍図

雲龍図

 こちらは大方丈の雲龍図(高精細複製)ですが、天龍寺といえば、法堂の天井に描かれている雲龍図!
日本画家の加山又造の傑作で、どの角度からでも睨まれているように見えるため、八方睨みの龍ともいわれています。

ゆうゆう

法堂の雲龍図は、基本的に土日祝のみ公開です。
※ 春夏秋の特別参拝期間は毎日公開。一人500円の別途参拝料

しだれ桜

しだれ桜

 春には見事なしだれ桜が咲き、こちらも絶好のフォトスポットとなっています。

嫁

嵐山は桜の名所100選にもなっています

竹林の道

竹林の道

 天龍寺の北門を出ると、京都市の歴史的風土特別地区に指定されている『竹林の道』に出ます。

嫁

高さ5~10mの竹が約400m続いている、嵐山の人気エリアです

ゆうゆう

ゴールデンウィークから6月の新緑の季節が爽やかで、イチオシですよ~!

渡月橋

渡月橋

 嵐山を代表するシーンの渡月橋は、全長155mの木造の橋で、橋のふもとで座ってほっこり・・・というのも定番のコースです。

嫁

春は桜、秋は紅葉が見事ですよ~!

若い人にも人気

嵐山と桜

 嵐山は京都屈指の観光スポットで、沿道にはお土産店も多く、若い世代にも人気です。

ゆうゆう

JR、阪急、京福電鉄、バスでも行けるので、アクセスも良いです

2. 天龍寺の拝観時間や拝観料

天龍寺の桜

 天龍寺の拝観時間や拝観料をチェックしておきましょう

天龍寺の拝観時間

ゆうゆう

基本は8時30分 ~ 17時30分で、10月21日~3月20日は17時までです

拝観料

曹源池庭園・百花苑 高校生以上500円、小・中学生300円
法堂の雲龍図(特別公開) 1人500円
諸堂(大方丈、書院、多宝殿) 1人300円

3. 京都駅からのアクセス JR嵯峨嵐山駅下車徒歩10分。

京都駅ビル

 京都駅から天龍寺へのアクセスは、主にJR(嵯峨野線)かバスで行きます。

京都駅からJR(嵯峨野線)で行く

嵯峨野線ホーム

 京都駅から『嵯峨嵐山駅』まで7駅(約16分)、嵯峨嵐山駅から天龍寺までは歩いて約10分です。

京都駅の構内マップ

京都駅の構内マップ

 嵯峨野線のホームは、烏丸口側の32~34番線です。

京都駅からバスで行く

市バス

 市バスは「D3」のりばから28系統、嵐山・大覚寺行きで「嵐山天龍寺前」で下車すぐです。
京都バスは「C6」のりばから73系統、嵐山・苔寺行きで「嵐山で降りて徒歩5分です。

嫁

市バスと京都バス、どっちら行ったらいいんですか?

ゆうゆう

バス停から近いのは市バスやね。
(京都バスでもバス停から5分です)

京都駅バスのりばマップ

京都駅バスのりばマップ

 市バスで行く場合は、駅の北側(烏丸口)のDのりばで、大人片道230円、1日乗車券は600円です。

嫁

天龍寺編は以上になります。
最後までありがとうございました。

ゆうゆう

京都駅のおすすめランチなど、関連記事もぜひチェックしてくださいね

京都観光の関連記事