清水寺 清水寺

京都を代表する超人気スポット!
清水寺と京都駅からのアクセス

清水寺の三重の塔と桜

 このページでは「清水寺ってどんなところ?」という人に、概要や料金、京都駅からのアクセスを紹介しています。

ゆうゆう

こんにちは、管理人のゆうです。
このページは3分くらいで読めますよ~!

このページの目次

清水寺

#1 清水寺ってどんなどころ!?

清水寺の舞台

#2 拝観時間や料金

京都駅の構内

#3 京都駅からのアクセス

ゆうゆう

それぞれサクッと説明してます

1. 清水寺ってどんなところ!?

清水寺の三重の塔と桜

 清水寺は京都駅から北東に約2.5kmの京都市東山区にあります。
清少納言の枕草子にも当時の賑わいが描写されており、1,200年以上も歴史のある寺院です。

京都を代表する観光スポット

清水寺の参道

 清水寺は、金閣寺、伏見稲荷大社と並んで、京都観光の三本の指に入る超人気スポットです。

嫁

京都観光といえば、清水寺は外せないですね!

ゆうゆう

世界遺産にも登録されています!

圧倒的なスケールの大舞台

清水寺の舞台

 「清水の舞台から飛び降りる覚悟で・・・」と言われるほど、圧倒的なスケールの懸け造り(舞台造り)で、釘を使わずに718本ものケヤキの柱を組んで建てられています。

嫁

本当に飛び降りた人っているんですか?

ゆうゆう

江戸時代に何人もいて、明治に「飛び降り禁止令」が出てるで。
なかには奇跡的に生きてた人もいるみたいやね

本堂の大舞台は平成の大改修中

修繕中の清水寺の大舞台

 13mもの高さがある本堂の大舞台は、平成の大改修で修復中です。

四季折々の美しさ

清水寺の境内

 清水寺は四季折々に美しく、春には約1,500本の桜、秋には約1,000本の紅葉スポットとしても人気です。

ゆうゆう

春と秋にはライトアップもありますよ~!

縁結びで有名な『地主神社』

地主神社

 清水寺の境内にある地主神社は、縁結びの御利益で有名!
10mほど離れたペアの『恋占いの石』があり、目を閉じて石から石へたどり着けると、恋愛が成就すると言われています。

ゆうゆう

俺、恋占いの石やってくる!

嫁

いや、あかんやん?

3つのご利益がある『音羽の滝』

音羽の滝

 3つの滝が流れる『音羽の滝』は、それぞれ延命、学業、恋愛にご利益があると言われています。

ゆうゆう

よしっ、3つとも飲むで!

嫁

全部飲むと、ご利益が消えるらしいですよ?

ゆうゆう

マジっすか・・・。
じゃぁ恋愛で!

嫁

いや、だから恋愛はあかんやん?

周辺の散歩道も超人気スポット

二年坂や産寧坂

 清水寺の周辺は、清水坂から産寧坂、そして二年坂からねねの道へと、石畳と京都らしい家屋が並ぶ、超人気の街ブラスポットです。

ゆうゆう

あっ!SNH(上海)48やで!

嫁

さすがアイドル通ですね・・・。

2. 清水寺の拝観時間や料金

三重の塔と紅葉

 清水寺の拝観時間や拝観料をチェックしておきましょう

清水寺の拝観時間

ゆうゆう

午前6時開門、午後6時(夏などは午後6時半)閉門です

嫁

春の桜の時期やお盆、秋の紅葉などは夜のライトアップもありますよ~!
詳しくは清水寺公式サイトをご覧ください

拝観料

大人・高校生 400円
小人・小・中学生 200円

3. 京都駅からのアクセス

京都駅ビル

 京都駅から清水寺へのアクセスは、歩くと40分近くかかるため、主にバスかタクシーで行きます。

京都駅からバスで行く

京都駅のバスターミナル

 市バスではDのりばの206系統(東山通北大路バスターミナル行き)や、100系統(清水寺祇園 銀閣寺行き)で、『五条坂』または『清水道』で降ります(約20分)

嫁

五条坂と清水道、どっちらで降りたらいいんですか?

ゆうゆう

どっちでもいいで。
(お茶碗がたくさん売っている『茶わん坂』から行きたい場合は、五条坂で降りたほうが早いです)

京都駅バスのりばマップ

京都駅バスのりばマップ

 市バスで行く場合は、駅の北側(烏丸口)のDのりばです。

嫁

バスは大人片道230円で、1日乗車券は600円ですよ~!

京都駅からタクシーで行く

嫁

せっかくなので参道を歩きたいですね

ゆうゆう

お店の多い、清水坂(約10分)が人気やで

京都駅のタクシー乗り場

 ということで、京都駅から清水坂付近までタクシーに乗った場合、1,200円くらいです。

嫁

2人~3人いれば、結構安いですね

ゆうゆう

そやね、タクシーなら清水坂まで10分くらいやし、早いね

嫁

清水寺編は以上になります。
最後までありがとうございました。

ゆうゆう

京都駅のおすすめランチなど、関連記事もぜひチェックしてくださいね

京都観光の関連記事